「お世話になっております」もうやめません?ビジネスメールに関する違和感8選

ここがヘンだよビジネスメール 雑記

 

ビジネスメールって堅苦しくてめんどくせぇ!!!!!!!

 

…すみません。

 

でもみなさんも一度は思ったことがあるはず。

 

ビジネスメールって堅苦しくてめんどくせぇ!!!!!!!

 

って。

 

去年1年間会社勤めから離れ、今年からまた会社員をしているのですが、

日々感じるこの違和感の正体は一体なんなのでしょう。

というわけで、今回はビジネスメールに関する違和感を8つ記していきます。

 

スポンサードサーチ

ビジネスメールに関する違和感8選

ビジネスメール

引用元:トルテオマガジン

 

ビジネスメールって、だいたいこんな感じですよね。

 

「なにか問題が?」と思ったあなたは、完全に日本のサラリーマン的思考に染まっていますよ!

では早速、「ビジネスメールに関する違和感8選」を挙げていきます。

 

①毎回会社名を入れる

株式会社○○

△△ 様

 

基本的なメールの書き出しはこうですね。でも毎回「株式会社○○」って要りますか?

メールのやり取りが2社間であれば、社名を省略して「△△ 様」だけで問題ないはずです。

(相手も自分も「△△ 」という苗字ならややこしいし仕方ないかもですが…)

 

②「お世話になっております」

これ以外にも、

「いつも大変お世話になっております」

「平素よりお世話になりありがとうございます」

なんていう、クドいのもあります。

初めてメールする相手にも「お世話になっております」。ほんとに意味不明です。

みぃ
あなたのこと知らないし、って思っちゃいます

 

③毎回名乗る

「お世話になっております。××株式会社の△△です

毎回名乗る必要ありますか?初回だけでよくないですかね。

英文メールでも見たことありませんよ、「My name is Jon Doe of ABC company.」とか毎回名乗っているのを。

メールの差出人をみればだいたい分かるし、早く本題に入ってくれ、って感じです。

みぃ
2000年代のビジネスメールでは、名乗ってなかったのにな~

 

④毎回同じヘッダーを使う

いつもお世話になっております。

××株式会社の△△です。

 

テンプレートとして登録しているのでしょうが、まったく心がこもっていませんね。頭悪そうに思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

⑤「お忙しいところ恐れ入りますが…」「お手数をおかけしますが…」

メールの締めで使われる表現ですが、これもめんどくさい。

依頼のメールでは、依頼事項は相手が対応して当然のことが多いはずです。

たとえば、未払いがあるので早急に処理をしてもらいたいとか、必要書類が不足しているので提出をしてほしいとか。

シンプルに「お願いします」の一言でいいと思います。

 

⑥「何卒宜しくお願い致します」

なにぃとぞぉ

この言葉を見ると、「何時代のひと?」って思ってしまいます。

サウンド的には、チョコレートプラネット長田さんが和泉元彌さんのモノマネをして

そぉろりぃ そぉろりぃ」って言う、あの感じ。(30秒くらいからどうぞ)

 

「何卒」は「どうぞ」のあらたまった言い方で、相手に懇願するときに使用するらしいです。

ビジネスで懇願しなきゃいけない関係ってどうかと思うし、「何卒」ってつけておけばまちがいないだろう、みたいな感じが浅はかです。

 

⑦受注側は毎回署名をつける

これは④の「毎回同じヘッダーを使う」に関連しますが、2社が受発注の関係にあるとき、

発注側: ヘッダーで名乗る + 「以上、よろしくお願いいたします。」で締め、署名なし

受注側: ヘッダーで名乗る + フッターに署名を入れる

こういう形でメールのやり取りが行われます。

受注側は、ヘッダーと署名で2度も名乗ることになるのですが、これがクドい。メールをスクロールダウンするときも、署名があるせいでマウスホイールを回す回数が増えます。

みぃ
受発注の関係であれ、メールは対等にしましょうよ

 

⑧パスワードの別送

「添付ファイルを開くパスワードは別途お送りいたします」

このセキュリティのかけ方、今でも普通に行われているのですが、めちゃくちゃめんどうです。

パスワードを送るだけのメールも、「○○株式会社△△様 いつもお世話になっております。」から始まることも…。ほんとうに、クドい。

今はURL 1つでファイルを共有できる時代なので、そちらを使いましょう!

 

さいごに

ベーコン

ここまで書いて思いましたが、私がビジネスメールに感じていたのはこれですね。

 

違和感 = クドさ

 

興味もないのに何度も表示されるインターネット広告みたいな。

クドいメールは文字数が多く、めんどくさい文章になります。

お世話になっている ことも 何卒お願いしたい のも。すでに暗黙の了解なのだから、すっ飛ばして本題だけ書きましょうよ。

しかし、それが許されないのが日本社会。チーン。

 

メールがクドくならないようにするには、次のことを心がけるとよいです。

  • シンプルな文章を心がける(不要な修飾語は排除する)
  • 漢字を使いすぎない
  • 箇条書きを用いる

 

近い将来、メールは用件のみを記載するだけでOKになりますように。

 

通勤いやだ

嫌な通勤が始まってしまった!【地獄からの召喚】