楽して足を鍛えるならシックスパッド フットフィットに決まり

雑記

 

おつかれわんこ
普段からあまり運動をしないのに、外出自粛期間はさらに体がなまってしまいそう。自宅でできる楽チンなトレーニングがあれば知りたいな!

 

こんな悩みを一瞬で解決するのが、MTG社のシックスパッド フットフィットです。(写真は公式HPより)

詳細は公式HPをご覧ください。

 

簡単にまとめると、このようなトレーニングツールです。

  • 座ったまま、テレビを見ながら、1日1回23分で「歩く力」をトレーニング
  • 足裏から前すね、ふくらはぎ、歩行を支える筋肉にEMSが効率的にアプローチ

引用元:公式HP

1日1回23分のトレーニングだけで本当に鍛えられるの?と思うかもしれません。

そこは製品を信じるしかない部分もありますが、健康増進機器として認定されているようです。

 

昨年、私の実家でも60代の母親が運動不足解消のために購入し、父親も私も恩恵にあずかることに。結果、全員やみつきになりました。

今回はこのシックスパッド フットフィットについて、

  • 価格
  • 効果
  • おすすめする理由

に焦点をあてて紹介します。

 

メリットだけでなくデメリットも載せていますので、ぜひ購入するかどうかの参考にしてくださいね。

 

 

スポンサードサーチ

シックスパッド フットフィットの価格

how much

税込40480円は高い?安い?

今、高いなと思いましたよね。笑

でもよく考えてみてください。

1か月に1万円のジム会員費を払うとすれば、約4か月分で購入できます

 

ジムの会員の契約をしたけれど、マジメに通ったのは初めの数回だけ。あとは無駄に支払いを続けてしまった、という経験はありませんか?

おつかれわんこ
そういえば、気持ちに行動が追いつかなくて無駄な出費をしたことがあるなぁ

 

また、毎日ジムに行くのは難しいですが、フットフィットなら毎日使えます。

このように考えると、40480円という価格設定は悪くないのではないでしょうか。

おつかれわんこ
値段はしかたないとして、効果についても聞きたい~

 

はい。もちろん気になるのが効果ですよね。

早速みていきましょう。

 

シックスパッッド フットフィットの効果

how effective

ネット上の口コミでは、高い評価がつけられているようです。

また、我が家で実際に使った感想も紹介します。

各社サイトの口コミまとめ

Amazon 評価の数467 ☆4.1

楽天[メーカー公式店] 評価の数389 ☆4.36

PayPayモール 評価の数361 ☆4.45

 

評価が高いのが分かりますね。

いろいろな意見はありますが、なんだかんだ言ってもこれに尽きます。

40代・女性   運動不足に悩んでいました。短時間で手軽。おすすめです。

引用元:公式HP

 

実際に使って感じたメリットとデメリット

次に、実家で実際に使用してみた感想をお伝えしますね。

メリット

  • ながらトレーニングが可能
  • 筋肉がついてくる(ように思う)
  • 椅子があれば場所を問わない
  • 使い方が簡単
  • マッサージ効果を感じて気持ちがいい
  • 高齢者の運動へのモチベーションUP
  • 複数人で共有で可能
  • ジェルなどの購入不要

 

みぃ
1~2か月くらい経ったころでしょうか。母親も私も、ふくらはぎの筋肉が平常時にモリッとなっているのをお互いに確認しました。触っても、前と比べて弾力がありるのを実感しました

 

デメリット

  • 電池をわりと消費する(単3電池4本をレベル8で約60回使用可)
  • 足を載せるため、ひとによっては共有するのに抵抗があるかもしれない
  • サイズが少々大きく、置き場所をとる
  • 1日23分以上はできない
  • 肌の水分量が少ないときは対策が必要

 

みぃ
これらがデメリットですが、あえて書くならば、といって思いつくものです

足の裏の水分量が少ないひと(高齢者や乾燥肌のひと)はEMSが流れにくいようです。実際、父親もレベル15とかでも平気と言っていました(私はレベル5で限界)。その場合は足を湿らせたり、ウェットシートを敷いて使えばよいと公式サイトにあります。

 

シックスパッド フットフィットのおすすめ度

おすすめ度 星5つ ☆☆☆☆☆

 

おすすめする理由TOP3
  1. とにかく楽チン
  2. 運動していないという自己嫌悪から解放される
  3. 椅子さえあればどこでも使える

 

年配の方へのプレゼントとしても非常によいですよ。

歩けなくなると、体だけでなく頭も弱る可能性もあるようですよね。

フィットフットを使って足を鍛え、いつまでも健康で暮らしてもらいましょう。


今回は以上です。