シェアハウスあるある8選【早く言いたい~】

シェアハウス

 

シェアハウスあるある 早く言いたい~ 

 

レイザーラモンRGなら「シェアハウスあるある」は何の歌にのせてくれるかな。笑

 

シェアハウスあるある 早く言いたい~

早く言いたい シェアハウスあるある~

 

シェアハウスあるある8選、もったいぶらずに早速行きま~す!

スポンサードサーチ

シェアハウスあるある8選

①冷蔵庫の中はカオス

ファミリー用を3~4人で使用する冷蔵庫。

タッパーで整頓されているものもあれば、半分口開いた状態のもの、いつからあるっけ?というものまで、冷蔵庫の中はごっちゃりカオス

匂いも混ざり切って、何かが腐っているのかと思うことさえあります。

 

②バナナを買いがち

特に冬ですが、買いがちな果物1位はダントツでバナナです。

一人一人房は有している感じ。

ミカンは高いから、安くて腹持ちのよいバナナで我慢、というところですね。

熟しすぎて真っ黒になった他人のバナナを見守っています。

もう腐ってる?

③洗濯機に靴下の片割れが残っている

けっこうな頻度で靴下の片割れが洗濯機や乾燥機に残されていて、その辺に2~3日放置されています。

洗濯ものをたたむ時に「あれ?靴下がない」ってならないのか不思議です。

もはや、たたんでないのかも?

結局持ち主が現れず、処分された靴下もありました… 謎。

 

④朝見るチャンネルの好みが分かれる

朝は「めざましテレビ(王道)」「おはよう朝日(関西ローカル)」「NHK(!)」で、好みが分かれます。

チャンネル争いは、早い者勝ち。

 

⑤足音で誰か分かるようになる

入居者が10人以上いても、足音で「〇〇さんが来たな」と分かるようになります。

100発100中で当たります。

歩き方って、結構クセのあるものなのだと再発見。

「あ、あの人が来た!」

⑦今だけ誰にも会いたくないという時ほど出くわす

「お願い、今だけ誰も来ないで!」

祈るようなタイミングのときに限って、誰かに出くわします。

「通販で買った服を着て、玄関にある姿見でプチファッションショー」とか「寝起きのぼさぼさ頭でトイレに行く途中」とかです。

 

⑧誰もいないとうれしいけど静かすぎると不気味

大きな家に誰もいないときの解放感は、言葉になりません。一人暮らしみたいでのーびのび、すごくうれしい。

でも、シーンとしすぎると、ちょっと怖かったりもします。

「え?もしかしてみんなで一緒にどこか行ってる…?」なんて、疑心暗鬼になることも…

「うそっ!置いてかれた?」

 


以上、「シェアハウスあるある8選」でした!

シェアハウスに住んで半年以上たちました。日本ではまだメジャーではないシェアハウス暮らしについて、いろいろと書いています

よかったら読んでみてくださいね。