英語トレーニングサービス「スパトレ」7日間無料体験記【4~7日目・まとめ】

英語学習

 

「スパトレ」7日間無料体験記の続きです。今回は、4~7日目の感想とまとめになります。

では早速いきましょ~。

英語トレーニングサービス「スパトレ」7日間無料体験記【1~3日目】

 

スポンサードサーチ

無料体験4日目:トレーニング

今回選んだのは、エド講師。

 

エド講師は、ゆっくり話してくれるので、初心者にも易しい講師かと思います。個人的には、もう少しナチュラルなスピードで話してほしいなと感じる時もありました。こちらのレベルに合わせてくれたのかもしれませんが…

 

今回のトピックは「相手の言っていることや、自分の言いたいことをより明確にしたい時の言い方」です。

 

出てきたフレーズは、What do you mean by that?、Can you give me a few more details on that?、Let me try to clarify the point with an example. などです。

 

後ろの2つは、なかなか言えるものではないです。でも毎回のように、What do you mean by that?とか、Like what?とか同じ表現ばかり使っていては少々アホみたいに見えると思うので、やっぱり表現を増やしていかなければ!

 

3回目のトレーニングを終えて

今回もトレーニングの初めに、「前回の講師から〇〇と聞いていますが、合っていますか?」のような確認がありました。引継ぎがちゃんとなされているのがうかがえます。安心感があって、高評価ポイントです。

 

また、エド講師はゆっくりと話すのでどうかな、、、と思っていたのですが、最後のアドバイスが非常に響くものでした。

 

私がフリートークで話した内容について、「あなたは〇〇と言ったけど、××という表現を使うともっといいよ」とか、「△△という表現に置き換えることもできるよ」とか、いろいろと助言をくれたのです。

 

生徒の意見をしっかり聞いてくれているのはうれしいことです。さらに、スキルアップにつながるような的を得た指摘をしてくれたので、有益なトレーニングでした。

 

総合評価は18/27点。まぁこんなとこかな、と納得。

 

無料体験5日目:トレーニング

4回目のトレーニングは、ケンドラ講師を選択。

 

ケンドラ講師は、動画を見ると発音が良く、しかも優しそうという印象だったので、期待していた講師です。

 

今回のトピックは「言い換え表現」。

 

相手の言ったことを確認する表現を学びましたが、1つ大きな発見がありました。

What you mean is…

What you’re saying is…

 

この2つの違い、分かりますか?

意味はどちらも「…ということを言いたいのでしょうか?」なのですが、後者は少し反発しているというか、同意していないようなニュアンスが入るそうです。

 

あまり区別していなかったので、へぇ~!と思いました。

 

4回目のトレーニングを終えて

残念ながら、もっと話したかった!と悶々とした気持ちが残りました。

 

この講師は1つ1つのフレーズを丁寧に説明してくれるので、よく理解ができるのですが、その分こちらが英語を口にする時間が少なくなってしまいました。学習したフレーズを使って話す、フリートークまで進めずでした。

 

でも笑顔と人柄が最高のケンドラ講師。また会いたいなぁと思わせる魅力がありました。

オンライン英会話の初心者にはイチオシの講師です。

 

自分に合う講師選び、難しいですね。できるだけたくさん話したいとか、リスニングを多めにしたいとか、毎回希望を出せたらいいなと思います。

総合評価は16/27点。低い…

 

無料体験6日目

この日は体調を崩してしまい、トレーニングをお休みしました。

 

無料体験7日目(最終日):トレーニング

無料体験最終日に選んだのは、シェリー講師です。

そしてトレーニングのトピックは「会話への割り込み方、話題を導入する表現」。

 

たとえば、Sorry to interrupt you, but… 、What do you think of this idea?、It sounds to me… などを学びました。

 

私は普段からあまり会話に割り込んだり、自分から話題を導入したりしないほうなので、英語でそうするのはすごく難しいと昔から感じています。結果、いつも聞き役に回ってしまい、自分の意見を発する機会が少なくなります。英語圏ではそれだと相手にされないので、このトレーニングで学ぶフレーズはとても重要だと思いました。

 

最終日のトレーニングを終えて

このトレーニングでも、最後のフリートークまで進むことができませんでした。

 

というのは、途中で「Please paraphrase the sentence.」と言われた時に、 「paraphraseとrephraseってどう違うの?」という疑問がわいて講師に尋ねたところ、その説明で時間が過ぎたからです。

 

説明をしてもらったものの、はっきりと分からず。あとから調べてみると、次のようなことでした。

rephrase : 違う言葉(同義語)に置き換える

parahrase  : 違う表現で言い換える

参考 ciee TOEFLメールマガジン VOL.96 

 

シェリー講師から5分くらい説明されたあと、「違いはあまり気にしなくていいから、言い換えられる力をつけるのが大事だよ」とアドバイスされました

 

変なところにこだわらず、どんどん口に出していくことが一番大事ですね。

 

総合評価は21/27点。思ったよりも〇。

 

さいごに:スパトレの無料体験の感想

7日間の無料体験のうち、1日はテスト、1日は体調を崩したので、実質5回のトレーニングを受講した感想は、次のとおりです。

 

  • 楽しくて、時間がすぐに過ぎる
  • 講師陣が明るくて元気
  • フィリピン講師が大半だが、発音のきれいな講師が多い
  • 前回トレーニングからの引継ぎがあって安心できる
  • 講師によっては説明が多く、こちらが話す時間が少なくなる
  • 講師によって評価がまちまち
  • 直前キャンセルができて便利
  • Skype Meet Nowを使うが、時々通信状況が悪く、チャットの受信が遅れる
  • トレーニング終了後、すぐに録画動画が送られてきて復習に便利

 

点数をつけるとすれば、90/100点くらいかな。

 

個人的には、1日1回25分だけでは物足りないと感じました。トレーニングが受け放題の「無制限プラン」もあるので非常に魅力的ですが、ここはお財布と相談になりますね。

 

スパトレプラン 月額 4,900円

無制限プラン   月額 6,380円

 

コロナ収束後の海外旅行や留学などに向けて、この自粛期間中は語学力を磨く絶好のタイミングです。

 

1日25分、月額5000円ほどの投資で、未来が変わる(かも)!