「台北発メトロシリーズ」を勝手にランキング【Amazonプライムビデオ】

雑記

*この情報は、2020年7月時点のものです。ご覧になったタイミングではサービスが終了している場合があることをご了承ください。

 

Amazonプライムビデオの動画の中に、「台北発メトロシリーズ」という作品があるのを知っていますか?

中国・アジア系の作品を見たり検索したりしたことがなければ、「おすすめ」にも上がってこないので、知らない人も多いかもしれません。

 

みぃ
私は台湾中国語を勉強したいと思い、台湾ドラマを検索したことがきっかけでこのシリーズを知りました。そしてイッキ見完了~

 

今回は、台北メトロを舞台にしたシリーズ7作品を「勝手にランキング」します!

 

この記事が参考になる人

・「台北発メトロシリーズ」が気になっていた人

・このシリーズを知っていたけど、どれから見ていいか迷っていた人

・台湾映画好きな人

 

スポンサードサーチ

台北発メトロシリーズって?

「台北発メトロシリーズ」とは、台北MRT(地下鉄)の7つの駅を舞台に、人と人との縁を描いた7つの映像作品です。

作品の詳細は、アジアンパラダイス ウェブサイトをご覧ください。
(作品の写真はこちらのサイトからお借りしました)

 

1番の見どころは、やさしく心に響くストーリー

見終わると、「あ、なんかよかったな」と次が見たくなるような、じんわり感があります。

 

2番目に注目すべきは、映像の美しさ

台湾の街並みや自然の風景、衣装や背景のビビッドな色使い、小物やアート、すべてが最高に美しく見飽きることがありません。

みぃ
台湾のレトロとモダンがうまく調合された、非常にオシャレに仕上がった作品ばかりです

3番目のポイントは、別の作品の出演者がちらほら現れるところ

作品を見ていくごとに、「あのシーンにはこういう背景があったのか」と発見が増えていきます。作品同士のつながりを織り込んでいる巧妙さにうならされます。

 

「台北発メトロシリーズ」を勝手にランキング

ではシリーズ7作品を、次の6つのポイントと共にランキングします。☆5つが最高です。

  • ストーリー(物語自体のおもしろさ)
  • キャラクター(登場人物の魅力)
  • ロマンス
  • 笑い
  • ほっこり
  • 泣ける

 

1. 淡水河の奇跡

ストーリー    ☆☆☆☆☆
キャラクター   ☆☆☆☆
ロマンス     ☆
笑い       ☆☆☆☆☆
ほっこり     ☆☆☆☆
泣ける      ☆☆

7作品の中でもダントツにおもしろいのが「淡水河の奇跡」。写真の2人は、実は大きな声では言えない関係で、その秘密の関係を軸にドタバタ劇が繰り広げられます。ハチャメチャだけどガッツリのめり込んで見てしまうのが、この作品の魅力。事実は謎に包まれながらも、最後はじんわりほっこりさせられる珠玉の作品です。「台北発メトロシリーズ」を見るなら、まずこれからどうぞ!

 

2. 振り向いたらそこに

ストーリー    ☆☆☆☆
キャラクター   ☆☆☆☆☆
ロマンス     ☆☆☆
笑い       ☆☆☆☆
ほっこり     ☆☆☆
泣ける      ☆☆

台湾版「美女と野獣」ともいえる「振り向いたらそこに」。野獣といっても、夢を追う、ひ弱で気の優しいヤツで、コーヒーを淹れる腕前は超一流。彼の淹れる魔法のようなコーヒー、ひたむきに夢を追う姿、そして惜しみなく与えられる愛情に、初めは見向きもしなかった美女もいつしか惹かれていく…。笑いあり、涙ありの、爽やかなロマンティックコメディ。
壁一面に貼られる美女の写真は、めちゃ美しい、絶対見るべき感動ものです。

 

3. この街に心揺れて

ストーリー    ☆☆☆☆
キャラクター   ☆☆☆
ロマンス     ☆☆☆☆
笑い       ☆☆
ほっこり     ☆☆☆☆☆
泣ける      ☆

落ち着いた大人のラブストーリー「この街に心揺れて」。周囲から早く結婚しなさいと言われる男と女が、地元で時間を共に過ごすうちに心惹かれ合う様子が、美しい台湾の街を背景に描かれています。大きなアップダウンはないものの、安定感のあるストーリー展開で、しっとりとした時間を楽しめます。30代後半以降の人なら、より共感できるかも。

 

4. ハローグッバイ

ストーリー    ☆☆☆☆
キャラクター   ☆☆☆☆
ロマンス     ☆☆☆
笑い       ☆
ほっこり     ☆☆☆☆
泣ける      ☆☆☆☆☆

うってかわって、こちらはヤング世代のロマンスストーリー。暗い過去を背負いながらも、懸命に生きる若者の恋愛はとってもほほえましく、見ているほうもキュンキュンします。「ハローグッバイ」という題名の通り、新しい出会いから始まった関係には悲しい別れが待っている…??

 

5. 西門に降る童話

ストーリー    ☆☆☆☆
キャラクター   ☆☆☆☆
ロマンス     ☆
笑い       ☆
ほっこり     ☆
泣ける      ☆☆☆☆

家族を失って生き惑う男と、変わってしまった母からの愛情を求める女。心に闇を持つ2人の姿を追った、ダークファンタジー「西門に降る童話」。他の6作品に比べて浮ついたところがない、シリーズの中では異色のストーリー。

 

6. まごころを両手に

ストーリー    ☆☆☆
キャラクター   ☆☆☆
ロマンス     ☆☆☆
笑い       ☆☆☆
ほっこり     ☆☆☆☆
泣ける      ☆☆

こちらは中国語、英語、日本語が飛び交う、ほっこりな作品「まごころを両手に」。ストーリーのカギとなっているのが日本人音楽家。その音楽家を追ってアメリカからはるばる台湾にやってきた青年。つぶれかけの民宿を舞台に、さまざまな人間関係を描いています。コメディ要素が多くて苦手な人もいるかもしれませんが、損はさせないエンディングになっていますよ。

 

7. 隠し味は愛

ストーリー    ☆
キャラクター   ☆☆
ロマンス     ☆☆☆☆☆
笑い       ☆
ほっこり     ☆☆
泣ける      ☆

ごめんなさい、この「隠し味は愛」だけは「なにこれ?」と思ってしまいました。「愛とは何か」を表現したかったのかもしれませんが、う~ん…。ただ、主人公の女性は超絶美女です。全体的に透明感のある、美しい作品であることは間違いありません。ということで、見るなら最後でいいかも。

 

以上、「台北発メトロシリーズ」のランキングでした。
クセになるほどクセがある台湾映画を、ぜひ楽しんでくださいね!Amazonプライムビデオの見放題で全て見れますよ~。