新型コロナと派遣社員①【2020年4月2日】

雑記

 

こんにちは、みぃです。

今回は「新型コロナと派遣社員」というテーマで、派遣社員の今をお伝えします。

新型コロナの影響によって、非正規で働く人たちの雇用が特に危ぶまれています。私も現在、翻訳に携わる傍らで派遣社員として外資系企業で働いており、例外ではありません。

最近では派遣の友人とお互いの状況を伝え合い、会社でどんな措置が取られているのかを共有しています。そうすることで、休業になった場合の経済的補償を知ったり、今後のことを考える材料になったりします。

他の非正規労働者がどのような状況にいるのかを知ることだけでも、(実際に私がそうであったように)不安解消に役立つのではと考え、今回の記事を書くことにしました。

今後の感染の広がり次第で、私の雇用事情も変わっていく可能性があると思います。その時はまたアップデートをするつもりです。

非正規の方にはもちろん、家族や知り合いの中に非正規で働くひとがいる方にもぜひ読んでいただければ幸いです。

 

スポンサードサーチ

派遣社員の現状(2020年4月2日時点)

私は3月下旬から在宅勤務を開始しています

派遣社員としては、まれなケースかもしれません。派遣会社の担当者によれば、担当している派遣スタッフの中には時差通勤を許可されている人はいるが、在宅勤務となったのは3月下旬の時点で私のみとのことでした。

 

冒頭でも書いた通り、私は数か月前から外資系企業で働いています。一定期間経過したあとに正規雇用の可能性がある、いわゆる紹介予定派遣という形態です。

派遣先企業はデジタル化が非常に進んでいて、私が所属する部署では1か月に1人が印刷する枚数が10枚に満たないほどペーパーレス化されています。また、やむを得ない事情がある場合に限ってですが、週に数日在宅勤務をしているひともいます。

 

みぃ
勤務を始めた当初、在宅ワーク経験者としては、「こんなにデジタル化されてるなら、もっとみんな在宅勤務すればいいのに。私も仕事に慣れたら在宅したいな~」と思っていました。

 

そして今、私は在宅勤務をしています。

 

ここに至るまでに乗り越えた問題が1つありました

新型コロナウィルスの影響で在宅勤務が推奨される一方、派遣社員は在宅勤務の対象にならないケースも多いと聞きます。実は2月の段階では、私も同様でした。しかし一般と違ったのは、派遣先企業はOKなのに、派遣会社がNO、という点でした。

 

理由は、派遣スタッフは職場できちんと監督・指導してもらわなければいけない、というもの。

分かるけど、感染が広がる状況でそれってどうなの?と思い、後日派遣会社に連絡したところ、ちょうど世の中の流れが外出自粛・在宅勤務にシフトしたタイミングだったため、在宅勤務を可能にする特例を出したと伝えられました。

 

その後、派遣先企業が一斉に在宅勤務に切り替えたため、私も在宅勤務をすることになりました。

 

友人は自宅待機を命じられました

レジャー施設で派遣社員として働く友人は職場が3月初旬から休業となり、通常の勤務日の半分ほどが自宅待機になっているそうです。

自宅待機を命じられた日の賃金は6割くらい補償されるとのこと。ゼロではなく幸いでしたが、もう1か月ほどこの状態が続いています。長期間続くと経済的にキビしいし、次の契約更新もあるかどうか不安だと話していました。

 

ホテルでアルバイトをしていた友人はホテルが休館を決めたため、3月中旬から2週間、仕事が休みになったそうです。アルバイトなので補償はナシ。世の中の状況によって、休館延長の可能性があるということです。

(2020.04.05追記:休館延長になったそうです。再開日は現時点で未定とのこと)

彼女はワーキングホリデービザで日本に滞在している外国人です。このまま仕事が再開されないと、帰国せざるを得なくなるかもしれません…。

 

現在の心境

在宅勤務ができている私の状況は、どちらかといえば恵まれているのかもしれません。しかし、それとは裏腹な気持ちを抱えています。

 

切られるのでは、という不安

社員と同様に在宅勤務ができていても、私はあくまで派遣社員です。さらに、数か月目の新人で、先輩に助けてもらわないと進められない業務がたくさんあります。

このまま経済の停滞が加速すれば会社の仕事自体も減っていくでしょう。そうなったら、紹介予定派遣のお見合い期間満了で雇用終了、ということもあるかもしれません。特に外資系なので、その辺はドライなのではと感じています…。

 

切られた後の恐怖

万一コロナの影響で雇用が終了した場合、次の仕事を見つけなければなりません。しかし、果たして求人募集なんてあるのでしょうか?

経済の悪化はリーマンショック以上だと言われています。氷河期世代どんぴしゃの私に、再びあの悪夢がよみがえります…。しかもあの時とは違い、今はアラフォー…。

 

一方で在宅勤務を楽しむ心の余裕

このような不安や恐怖はありますが、今回よかったこともありました。それは、在宅翻訳を経験していたおかげで在宅ワークが苦にならないことです。むしろ快適。

コロナが落ち着いても、このまま在宅勤務が定着して自由な働き方が浸透すればいいのになと思います。

 


世の中の非正規の方々。お互い厳しい状況になりますが、できるだけ前を向いていきましょう。

また折を見て、「新型コロナと派遣社員」をアップデートしたいと思います。

それではまた。

 

新型コロナと派遣社員②【2020年4月22日】

新型コロナと派遣社員③【2020年5月26日】